今は立ち入りができない新燃岳火口と高千穂峰。 中間は中岳。 霧島ジオパーク。
 > 戻る
newsletter105[pdf]
【事務局報告】
日本の奇岩百景の登録が96に
 2016年2月開催の理事会で,下記の4奇岩の登録が承認されました。これにより,合計96奇岩が登録されたことになります。
・登録番号:93
・奇岩名称:上立神岩(かみたてがみいわ)
・所 在 地:兵庫県南あわじ市沼島
・類  型:伝説(神話)
・謂 わ れ:「古事記」、「日本書紀」の神代巻、いわゆる“記紀神話”によると、天つ神がイザナギの命、イザナミの命の二神に神聖な沼矛(ぬぼこ)を授け、国造りを命じました。・・・・・・・・・・。
 ⇒ 公開ページはこちら
・登録番号:94
・奇岩名称:重盤岩(ちょうはんがん)
・所 在 地:熊本県津奈木町
・類  型:自然
・謂 わ れ:津奈木町のシンボルとして町の中央にそびえ立つ「重盤岩」は、頂上から町を一望でき、その先には不知火海(八代海)が見渡せ、その景色は圧巻です。・・・。
 ⇒ 公開ページはこちら
・登録番号:95
・奇岩名称:両子岩(ふたごいわ)
・所 在 地:長崎県南島原市
・類  型:人間
・謂 わ れ:かつてここには、同じような岩塔が2つあり「両子岩」と呼ばれてきました。 しかし、松の木が生えて大きかったほうの岩塔はは大正11年の大地震*や海食などによって崩壊してしまい、今はこの奇岩だけが残されています。・・・・。
 ⇒ 公開ページはこちら
・登録番号:96
・奇岩名称:空仙鬼(くうせんき)と難林王(なんりんおう)
・所 在 地:長崎県雲仙市
・類  型:伝説
・謂 わ れ:長崎県雲仙市の小浜町山領(やまりょう)と小浜町雲仙には、2つの「鬼石」があります。 雲仙の歴史を記した温泉山縁起には、「比の山の難林王は四面の大鬼なり、行基菩薩に逢い奉り種々の問答あり、又悪鬼あり、男鬼の名は空仙鬼、女鬼の名は難林王なり、比の鬼々を加持すれば即ち鬼石となる」・・・・。

(上)空仙鬼
(下)難林王


 ⇒ 公開ページはこちら
これら各奇岩の情報は以下のURLからご覧ください。
http://www.web-gis.jp/kigan100.html

左図は,奇岩の分布状況です。

 なお,本レター執筆時点で,静岡県内の3奇岩と鹿児島県内の1奇岩が審査待ちとなっており,これらが全て認定・登録となれば,当初予定の百奇岩に到達致します。
 4月下旬に開催が予定されている次回理事会においてこれら4奇岩を審査しますが,今後,どの程度までの奇岩数を目標にするかなどについても審議する予定です。
 結果は,次回のニュースレターでお知らせ致します。
【お知らせ】
「電子納品支援,二次利用支援システム」改良について
-土質試験結果一覧表表示ページ-
 標記システムについては,既に2015年3月1日発行の「GUPI Newsletter No.100」でお知らせしましたが,その後「土質試験結果一覧表データ(XML)」(以後,土質試験データ)を可視化する部分を追加開発したのでお知らせします。
 土質試験データは,自分のパソコンに保存されているファイルを使用します。
 ・アクセス先:http://www.web-gis.jp/denshi-nohin/denshi-nohin.html
 ・画面が表示されたら,一番下の右側にある[土質試験結果表示]をクリックしてください。
 ・上の画面が表示されたらOKです。
 ・「土質試験結果一覧表(単数選択のみ)」の右側の[参照・・・]ボタンをクリックします。
・Windowsに共通するファイル選択ダイヤログボックスが開きます。
 ボックス左上のメッセージが「ファイルのアップロード」となっていますが,選択したファイルが使用者のパソコンから外部へ流出することはありません。
 ・[参照・・・]ボタンの右側に選択した土質試験データ(STBnnnn.XMLまたはSTLIST.XML)が表示されたら[読み込み]ボタンをクリックします。
・土質試験データ(STBnnnn.XMLまたはSTLIST.XML)が正しく記載されているならば,前図のような各データが表示されます。
・データ表示画面右上の[<]と[>]の各ボタンは,複数のデータシートが存在する場合に使用する,表示の切り替えスイッチです。

 本システムは,(一社)全国地質調査業協会連合会および川崎地質(株)と共同で開発しました。
 どなたでも自由に利用することができるほか,「Open-source software 」として公開しているため,ソースコードをコピーの上自由に改良することも可能です。
 そのままあるいは改変して再頒布する場合は,引用先(地質情報ポータルサイト)を明記してください。
【事務局報告】
平成27年度第4回理事会開催報告
 日時:平成28年2月5日(金)14:30~16:00
 場所:(一社)全国地質調査業協会連合会 会議室
 出席:大島会長,中田副会長,秋山理事,加藤理事,古宇田理事,土屋理事,長瀬理事,黛理事,柴草事務局長
 議題1.平成27年度総会の日程               ⇒6月4日(土) 14:30~15:30[予定]
 議題2.平成27年度活動報告(第一部会,第二部会)   ⇒承認
 議題3.平成28年度活動計画について            ⇒承認
 議題4.「日本の奇岩百景」への新規応募(4奇岩)     ⇒承認
【事務局報告】
会員交流会「焼酎の夕べ」~大地の恵みに感謝して~開催報告
 日時:平成28年2月5日(金)17:00~19:00
 場所:(一社)全国地質調査業協会連合会 会議室
 参加者:18名
 御礼:当機構事務局の委託先である(株)ジオ・ビジネスサービス殿より,全ての銘酒と肴の提供がありました。 ここに記して感謝の意を表します。
【編集後記】
本レター執筆時には,ソメイヨシノの芽がかなり膨らんだ状態でしたが,お届けする頃には満開のところもあることと思います。
速いもので,平成27(2015)年度も本日でお仕舞いとなりました。 明日からは,様々な環境変化が待ち受けている方も多いのではないかと思います。
季節の変わり目でもあります。 どうぞお体に気をつけて,ご活躍くださるようお祈り申し上げます。